薬学(Pharmaceutical science)・医学(Medical Science)・コンピューターシステム(Computer system)の連携により、これからの世に、新しい医療環境を創造します。
  • ホーム
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ホーム >> 薬局事業 >>薬局3.0

次世代型薬局「薬局3.0」とは?

医療費適正化の観点から、介護が必要な高齢者の長期療養の場は、医療機関から在宅・介護現場へと変化しつつあります。 変わりつつある日本の地域医療制度の中で、薬局も変わっていかなければなりません。

私たちが提唱・実践する「薬局3.0」は、薬局・薬剤師のあり方を変えていくことを通じて、日本の新しい地域医療制度を支える一端を担いたいと考えています。 「我が国に新しい医療環境を創造する」という当社の理念を胸に、よりよい地域医療のあり方をこれからも追求し実現していくことで、社会に貢献してまいります。

介護施設の医療支援から見た「薬局2.0」と「薬局3.0」の違い

もっとも大きな違いは、薬局に勤務する薬剤師さんの働き方です。

薬局3.0

薬局2.0
薬剤師は薬局内のみで活躍します。
薬剤師は、患者さんがお持ちした処方箋を薬局店頭にて受け取り、調剤したお薬をお渡しします。通常は薬局から外に出ることはなく、 薬剤師だけで行う仕事です。
薬局3.0
薬剤師の活躍する場が広がります。
薬剤師は介護施設や高齢者の居宅などへも訪問し、そこで服薬指導、配薬支援、医療スタッフとの情報提供などを行います。薬局の外に出て、他の医療従事者と一緒に仕事をします。

「薬局3.0」では新しい薬剤師像が求められます

  • 医療・介護における各種制度への理解
  • 高齢者特有の症状に関する医学的・薬学的知識
  • 在宅・介護現場で求められる接遇およびコミュニケーション能力


ファルメディコでは、薬剤師の活躍範囲を広げるために「薬剤師卒後教育」を行っております。

バイタルサイン講習会を開き、
医師と看護師が技術と講義を行います。
「薬剤師認定制度認証機構」規定の受講認定
単位および受講証明書を発行いたします。

薬局3.0の実績


ハザマ薬局は、「薬局3.0」のネットワークを広げています

私たちは「ハザマ薬局」を大阪府下に8店舗展開。20名をこえる薬剤師とともに、「薬局2.0」から「薬局3.0」への移行を進めています。
今後も、21世紀の医療を支える「医療提供施設」にふさわしい視点から店舗を展開していきます。

「薬局3.0」の取り組みについて、もっと詳しく知りたい方、導入に関心がある方、以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム